HOME>注目記事>ものを提供する仕事ならではの採用面接の種類
女性作業員

未経験なら育成で選ぶ

ものづくり仕事の求人情報は、技術職であるために、技術者を募集しているのか、未経験からでも採用することを謳っているのか、異なる情報が掲載されています。もちろん、経験者ならば能力給が得られるところを優先すべきですが、未経験ならば、教育制度を謳うところを優先して選ぶべきです。ものづくりだからこそ、形づくる過程も学びの一つ、見学なども含めた学ぶ場も提供しながら人材育成に力を入れてくれるならば、着実なステップアップができるでしょう。つくるだけでなく管理や営業など、多方面で活躍したいなら店舗を拡大するところですが、一つの技術に惚れ込むのならば、本社のみ、あるいは専属となる部署に配置してもらえるところを選びましょう。求人での基準は、スタッフ構成にもあるでしょう。技術者ばかりで構成されているならば、一つ一つの実務が勉強にもなるはずです。

ものを見せて評価されよう

種類に幅があるのは、ものづくり仕事という技術職となるジャンルです。ものをつくることから、目に見えるものであるのが特徴です。ですから、住宅づくりもものづくり仕事になりますし、イラストやアート、手芸やクラフトなども目に見えるものづくりです。求人募集では、実作したものを評価することがあります。住宅メーカーでの求人を例とするならば、これまでの経験談だけでは伝えきれないことがあります。職歴や経歴書だけでなく、設計に携わったのなら、パースやCGを使って分かり易く経験を伝えることで、採用担当者の判断材料になり得るでしょう。このように、ものづくりの面接や、条件の交渉においては、「写真やカタログ」など、口頭よりも正確であっという間に伝わる自己アピールも必要となるのが特徴です。

広告募集中