HOME>ホットトピックス>時代を超えて受け継ぐことで日本の伝統が守られます

技術の伝承

和食が世界遺産に認定されたことでも分かるように、日本には次の世代に残すべき文化がたくさんあります。しかし、それとは逆に職人の数が減っています。ものづくり仕事に興味を持つ人が増えることで、技術や経験が次の世代に伝えられるのではないでしょうか。例えば陶芸や工芸ですが、官民が一体となって後継者の育成に努めています。十年先を見据えた取り組みが必要不可欠ですし、若者の積極的なチャレンジを待っています。大工仕事も同様で、建築様式の伝承をしなければなりません。親方制度が少なくなっている中、絆が試されているのではないでしょうか。国からの補助が得られるケースもありますし、着々と歩みが進んでいます。

日本の良さを守る

和傘や着物は、日本を代表する文化だと言われています。しかし、神の手を持つ職人たちが高齢化しています。ものづくり仕事の伝承を急ぐ必要があり、弟子の成り手が募集されています。女性が興味を抱くケースも多く、特有の器用さが適しているようです。

世界から注目されている

メイドインJAPANの製品は、壊れにくく長持ちすると言われています。時計や包丁等の調理器具が、まさにこれに当てはまると言われています。職人が長年培った技術を、惜しみなく出し尽くした成果と言われています。ものづくり仕事を絶やしてはいけません。

広告募集中